HOME>記事一覧>知識をつけるために学べる環境などを用意している

保証を設けたサービス

電卓と書類

公認会計士になるためには、試験を受けて合格しなければなりません。そのための勉強時間の目安を専門学校などでも共有できるように公表しています。約3500時間が目安で、受験期間の設定は2年が一般的だといいますから、1日平均5時間の勉強が必要だといいます。ですが、誰もが一発合格できるワケではなく、何度もチャレンジするケースが大半です。そのため、専門学校などでは合格できない場合の保証も設けています。また、受験に費やすことのできる年数は1人1人違うはず、一発合格を目指すにしても休息日を設ける人も多いようで、タイムマネジメントも支援に組み込まれています。

ボリュームや時間配分

計算

公認会計士の勉強には専門学校での学びがあります。また、一発合格に導くための仕組みとしては合格者から学ぶこともあります。そうしたデータも実績もある専門学校だからこそ、効率化した勉強ができます。例えば、科目ごとの勉強時間、これに着目してみれば、財務会計論に費やす時間が多い傾向です。とある専門学校では、4割近い時間を財務会計論に充てている話しです。試験に関しても、配点が高い傾向にあるからでしょう。ちなみに、選択科目(論文式)の勉強時間は極めて少ないようですが、合格者からの学びでは、4科目のうち、学習ボリュームの少ない経営学に着目し、一発合格に繋げている話しです。

広告募集中